CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2007 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
関心度のトップは地域交通

 今年3月から約1ヶ月間、HPや1192通信号外号などにより、独自の「市政アンケート」を実施しました。これは地域の課題をより明確にすることで、1人でも多くの市民が地方政治に関心を持っていただくことが狙いです。
 集約結果で最も多かったのは地域交通に関する意見です。市内で唯一地下鉄が整備されていない守山区として、区内の公共交通に対する不満は当然の結果といえます。また、地域医療への不安は、市民病院整備基本計画による守山市民病院の病床数削減計画の見直しを求める意見そのものであり、入院出産ができなくなる上に、災害医療活動拠点としての機能低下を危惧する声が高まっています。
 どれをとっても重要な課題です。名古屋城本丸御殿の復元や産業未来博物館構想などのビックプロジェクトの必要性も問われていますが、まずは地域の課題を最優先にしっかりと議論していかなければなりません。
(今回集約したのは約50件の回答のうち、具体的な意見のあった37件をサンプリングました)

○主な意見
<医療・福祉>
・福祉関連法律が昨年改正された事への福祉切り捨てを懸念
・守山市民病院の縮小計画の撤廃を支持
・老後生活苦に直面している市民の為に、福祉の充実を
<子育て・教育>
・捨て猫などへの罰則の条例制定、動物とのふれあいによる教育の実施
<環境・ゴミ>
・吉根地区の下水処理場の計画と、その地下に防災貯水施設の建設計画
・緑地公園などで発生した落ち葉等を焼却せず、埋め立てて自然に還元しては
・ゴミの分別に対しての市民の協力があいまいになっている。何か良い対策は
<防災・防犯>
・外国人の犯罪への懸念と、愛知県内の外国人パスポートの一斉点検の必要性
・防犯パトロール隊に市予算を配分する条例の制定、安全で快適な町づくりの推進を
<地域交通>
・大曽根から印場のバスを一時間一便から二便へしてもらいたい
・上志段味の住民より高蔵寺行きのバスを1時間1本から2本にしてもらいたい
・茶屋ヶ坂、上飯田へのバス路線の増便を希望
・守山区への地下鉄乗り入れ早期実現を
・名鉄瀬戸線の高架事業早期実現を
・守山パーキングエリアにおけるスマートインターチェンジの早期実現を
・志段味地区の特別敬老乗車整理券発行への疑問
・神領駅〜中志段味〜高蔵寺の地域循環バス路線の早期実現を
<地域経済・市街地整備>
・中志段味地区の区画整理事業の見直し
・本丸御殿は、模型で十分


| - | 22:27 | - | - |
1192通信5月号

 
 今日の深夜、やっと1192通信5月号の印刷原稿が完了しました。初当選以降、2ヶ月に1回発行し続け今回で24回目、発行部数も12000部を超えています。議会報告や地域の課題について問題提起し、市民の皆さんに少しでも市政に関心を持っていただくことがこの会報の目的でもあります。
 そのためにも地域の皆様からのご意見、ご要望は紙面の編集に必要不可欠です。今後とも、皆様からのご意見をお待ちしています。
| - | 23:37 | - | - |
日報です。
 早いところでは、今日から連休に入る企業もあるといいます。今年のゴールデンウィークは前半の3連休と後半4連休、中2日の平日があるものの10日間の大型連休とする企業も多いとか。好調な景気を反映しているのか疑問もありますが、働き過ぎといわれる日本人にとっては貴重な休暇でもあります。
 でも、何処へ行っても人と車の混雑、この時期は公共交通も混んでおり、過ごし方によっては「重労働」のゴールデンウィークになる可能性もあるようです。
| - | 20:52 | - | - |
日報です。
 今期で引退する先輩議員の送別会に参加しました。この四年間、議会の流れや行政との交渉など、あらゆる分野でご指導をいただいた大先輩です。まだ50代後半に入ったばかりのお年ですが、後輩に道を譲るべく四期での勇退となりました。本当にお疲れ様でした。議会からは離れても、引き続きのご活躍をご期待申し上げます。
| - | 19:24 | - | - |
日報です。

久しぶりの「なごやドーム」です。今日は中日×広島戦、試合は終始広島ペースで進み、結果も3:0で中日の完敗でしたが、ドラゴンズ応援団の盛り上がりの中で、しっかりとゲームを楽しむことができました。
 今日の結果で巨人に首位を奪われましたが、ペナントレースはまだ始まったばかり。元気なナゴヤを全国に発信し続けるためにも、地元ドラゴンズの連覇は欠かせません。日本一をめざすドラゴンズの活躍を期待しています。
 
| - | 23:27 | - | - |
日報です。
 今期最後となる守山区公職者会(県会議員と市会議員で組織する超党派の会)を開催、過去4年間の活動に対する反省などとともに、来期も結束して地域の課題に取り組んでいくことの意思統一を図りました。
 今回の選挙から市会議員の定数が2名増え、新たな会派も公職者会に加わることになりましたが、各会派の政治色にこだわることなく活動していく必要があります。目的はひとつ、地域住民が安全で安心して暮らせる守山区づくりです。十分な議論の中で、守山区公職者会として、地域の意見を主張していきます。
| - | 20:57 | - | - |
日報です。
 昨日開催した第1回後援会幹事会において、後援会の今後の活動日程を確認しました。活動方針はこれまでどおり、「動員型」から「参加型」を基本に、より楽しいイベントを企画していくこととしました。
 引き続き、多くの皆様のご参加をお待ちしています。
| - | 20:40 | - | - |
1192通信原稿
 1192通信5月号の作成締め切りが迫ってきました。選挙戦の事後処理も残っていますが、連休前には印刷を終えなければなりません。今週は原稿づくりから、以下、できたての1面記事を掲載します。

民主躍進、守山選挙区3議席確保
新たな仲間とともに地域の課題を最優先に――かまくら安男2期目へ決意


 4月8日に施行された名古屋市議会選挙。定数2増となった守山選挙区では、6議席をめぐり新人4人を含む8人が立候補する激戦区となりました。民主党は党勢拡大をめざし、現職2人に加え新人1人を擁立、お互いに厳しい戦いとなりましたが、結果は3議席とも確保。定数の2分の一を民主党会派で占める躍進を遂げました。
 今回の選挙は、一部の自民党議員による政務調査費不正受給など「政治と金」の問題がクローズアップされた選挙戦となりましたが、それ以上に、地域交通や医療、防災・防犯や環境など市民の生活に直接かかわる課題を争点にしてほしいとの声が次第に高まった選挙戦となりました。
 かまくら安男は「政務調査費問題については有権者の関心が強く、その疑惑を晴らすための情報公開は避けて通れない議論だ。ただ、住民の代表を決める4年に1度の大切な選挙で、政治と金のことだけが争点となる選挙では、ますます政治不信が拡大する可能性もある」とした上で、「市民からは、名古屋城本丸御殿の復元計画など市の進める大型プロジェクトに対する疑問や、守山市民病院削減計画に伴う地域医療への不安などの声が上がり、地域の抱える多くの課題があらためて浮き彫りになった。今後4年間、新たな仲間とともに、地域の課題解決を最優先に全力を尽くしたい」と決意を述べました。


| - | 22:37 | - | - |
三日間の戦い
 選挙期間中の現職が銃撃されて死亡するという異常事態となった長崎市長選、元市職員が、死亡した伊藤一長市長の娘婿の候補者らを破り、当選を確実にしました。
 「市政は個人のものでもなければ家族のものでもない」と立候補を決意した元市職員も政策を訴えることができたのはたったの三日間です。弔い合戦の様相となった選挙戦、市民の選択も複雑な心情の中での判断となりました。
 逆に言えば、三日間で市長が決まってしまう選挙システムにも問題があります。期日前に現職に投票した無効票の問題も含め、また、あってはならないことですが、今後も「選挙テロ」を警戒しなければならない状況を回避するためにも公職選挙法を見直す必要があるようです。
| - | 23:55 | - | - |
日報です。
 地元、下志段味地区に整備された「ききょう保育園」の開園式に参加しました。
 土地区画整理事業などによりまちづくりが進められている志段味地区、保育園や小学校など公共施設の開設は保留地販売にも大きな効果が表れることから、ここ下志段味地区の区画整理事業にとっても待望の開園となりました。
 まちづくりの目的は「こどもたちの未来への責任を果たす」ことです。特に自然に囲まれたこの地域、こどもたちの未来を育む上でも絶好の環境でもあります。後に続く上志段味、中志段味の区画整理事業のためにもより一層の「加速度」を期待せずにはいられません。
| - | 22:39 | - | - |
意気投合
 「気楽に楽しむ会」という名称のとおり、今日の夕刻から開かれた同年会は、久しぶりに時間が経つのを忘れるぐらい「意気投合」した楽しい会となりました。
 民主党市議団は今日開催した団総会で役員改選を行い、団三役を選出しました。本来ならば期ごとの輪番制で選ばれる三役人事ですが、他会派との調整など第1党会派として主導的立場を強力に打ち出していく必要から、輪番制ではなく会派の誰もが納得のできる代表を選ぶこととしました。
 新人6人を含む27人の民主党名古屋市会議員団、与党第1党ですが、その代表には会派内だけではなく議会全体の求心力が求まられます。政務調査費問題も含め課題は山積、会派内も含め「意気投合」には時間がかかりそうです。
| - | 23:16 | - | - |
1192通信5月号
 今日の深夜、1192通信5月号の印刷原稿がやっと完成しました。初当選以来、2ヶ月に1回発行している後援会の機関紙、今回で24回目となり、発行部数も12000部を超えています。今後も、市政報告はもちろん地域の身近な課題が問題提起できる機関紙づくりをめざしてまいります。皆様のご意見をお待ちしています。
| - | 23:17 | - | - |
日報です。
 選挙後2回目となるミニ集会を開催、選挙戦の反省も含め、地域の課題などについて意見交換を行い、とても有意義な2時間を過ごさせていただきました。
 特に地域交通の課題については議論白熱、今後4年間の活動目標ともなる大きな「宿題」をいただくこととなりました。お忙しい中、お集まりをいただきました16人の皆様に、心から感謝です。
| - | 17:48 | - | - |
日報です。
 今日は、統一地方選の後半戦を闘っている組織内議員の仲間を激励するため、各地にある選挙事務所を訪問することとしました。地域により選挙区情勢も異なるため各陣営の取り組み方も様々ですが、それぞれ厳しい戦いを強いられていることは事務所の雰囲気で分かります。
 いかに地域に密着した戦いを行うかが勝敗を分ける「カギ」、私自身の反省も含め、皆さんのご健闘を心から祈念します。最後までともにがんばりましょう!
| - | 15:46 | - | - |
日報です。

 選挙後初のミニ集会、今日は大森地区の支援者の皆さん10人で開催していただきました。もちろんメイン議題は選挙戦の総括、厳しい戦いでしたが、反省すべきはしっかりと反省し、すでに始まっている4年後の選挙戦に向け、引き続き後援会活動を強化していくことで意見集約を行いました。
| - | 15:30 | - | - |
日報です。
 選挙後初の団総会が今日開催され、新人6人を含む27人の民主党名古屋市会議員団が一同に会しました。今日は初顔合わせということもあり、新人議員の自己紹介だけに終わりましたが、堂々たる後輩たちの誕生に、心からエールを送りたいと思います。
| - | 19:25 | - | - |
バランス
 今日も早朝から挨拶回り、グラウンドゴルフにソフトボール大会、老人クラブの総会に混合バレーボールのリーグ開幕戦――どちらから先に伺うか、日程調整にも「バランス(均衡、つり合い)」感覚が求められます。
 バランスといえば選挙戦の票割り。同じ選挙区内で複数の候補者を擁立し、地域や組織ごとに支援していただく候補者への支援を依頼するものです。バランス次第では共倒れになる可能性もあり、また、本当に投票したい人以外への支援依頼そのものが、有権者の主体性が求められる民主主義の選挙にそぐわないのではとの声もあります。が、党勢拡大にはやむを得ない手法なのかもしれません。
| - | 22:58 | - | - |
日報です。
 さて、2期目のスタートです。1期4年間の経験をどのように活かし、市民の負託に応えるか。まずは議会発言です。目標は個人質問の連続更新、先輩や同僚議員の理解が必要ですが、目標は16回。ゴールは遙か彼方ですが、達成できるよう全力でがんばります。

| - | 23:14 | - | - |
日報です。
 ※HPの更新が遅れていましたが、今日から活動報告を再開します。
| - | 17:15 | - | - |