CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2007 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
お注言?


 1192通信7月号を作成しています。今回の4コマ漫画のテーマは「お中元」、いつもタイムリーな話題を提供してくださる友人の入江さんにあらためて感謝です。
※4コマ漫画は、画像の上でワンクリックし引き延ばしてご覧ください。
| - | 22:45 | - | - |
1192社交ダンスクラブ会員募集


 後援会自主サークル活動のひとつ、「1192社交ダンスクラブ」の紹介です。
 開設4年目を迎えた当クラブは現在会員が約30人、毎週木曜日の19時から吉根公民館で練習を続けています。今回はあらたに1時間枠(18時から)の初心者コースを設定、初歩からダンスを楽しむ方を募集しています。心身ともに健康になる社交ダンス、皆さんの参加をお待ちしています。
| - | 19:04 | - | - |
こどもたちの未来のために!


こどもたちの未来のために!
 4対6――名古屋市が打ち出した「なごや交通戦略」の目標値です。公共交通と自動車の利用割合を3対7から4対6とし、市民に交通エコライフの浸透を図るとしています。ところがその目標年次は平成22年、残すところ後3年と迫っており、今年2月の本会議でその進捗状況を取り上げたところ「交通行動の変化のきざしが見られ着実に4対6に向かっている」との意味不明の答弁が返ってきました。主体性のない所管局、縦割り行政の限界を思い知らされた瞬間です。
 公共交通はまちづくりに欠かせないアイテムであり、CO2削減による温暖化防止策の最も有効な手段です。市民ひとり一人が、ごく当たり前の判断で行動すれば4対6の実現は明日にでも可能です。まちづくりも温暖化対策も、こどもたちの未来のための大切な選択、行政主導ではなく、市民が主役となる交通政策を進めなければなりません。
名古屋市会議員 鎌倉安男

以上、機関紙への投稿記事です。
| - | 21:32 | - | - |
日報です。
 6月定例会は今日から常任委員会がスタート、本会議で付議された議案について審議を行い、最終的に意思決定を行います。私が所属する総務環境委員会に付議された議案は、\治倫理の確立のための名古屋市長の資産等の公開に関する条例の一部改正について、¬掌轍飴堋垢料挙における選挙運動用ビラの作成の公営に関する条例の制定について、職員の育児休業等に関する条例の一部改正について、ぐγ慮後期高齢者医療広域連合と名古屋市との間の公平委員会の事務の委託に関する規約の制定について――の4件です。すべてが規約の改正・制定に関する議案となっており、大きな議論となる可能性は少ないようです。
 常任委員会は7月3日まで開催され、4日の本会議で採決を行う予定です。
| - | 19:49 | - | - |
日報です。
 安倍内閣の支持率低下に歯止めがかからない状況となっています。まさに参院選の焦点は与党の過半数割れですが、その結果次第で歴史に残る大政局が展開されることとなります。安倍内閣の崩壊を示唆する支持率の低下、二大政党制をめざす民主党にとって絶好のチャンスです。
| - | 23:30 | - | - |
日報です。
 6月定例会は今日再会され、二日目となる議案外質問が行われました。今回の定例会は、4月の選挙で初当選された新人議員の初登壇の場、4年前の私自身も同様だったと思いますが、緊張の中で地域の課題を真剣に訴える姿にあらためて感動です。
 次回の定例会は9月、今一度初心に戻り、新人の皆さんに負けないよう議会発言を続けてまいりたいと思います。
| - | 21:21 | - | - |
日報です。


 今日開催されたシニアソフトボール大会、あいにくの雨模様となりましたが決行、後半は水たまりを避けてのゲームとなりました。
 わがチームも全員がずぶぬれに、善戦したものの惜しくも敗退してしまいました。でも、久しぶりの運動に全員開放感一杯の笑顔です。次回は来年、ということですが、この年代の1年は体力的にも大きものがあるようです。好プレー、珍プレー続出の大会ですが、次回も楽しみながら参加させていただきたいと思います。
| - | 21:06 | - | - |
日報です。
 朝から青空が広がり、今日は好天に恵まれました。予報では今日は梅雨の中休みとのこと、でも今回の梅雨、本格的な雨は今のところ昨日だけです。このままでは間違いなく水不足となりそうです。
 地球温暖化などによる異常気象はますます現実味を帯びてきています。未来からの警鐘は自然界のいたるところに現れており、この現象を真剣に受け止め人類一人ひとりが責任ある行動をとる必要があります。
 政治の世界も同様、気づいたときには「もう手遅れ」とならないためにも、有権者の判断が来る参議院選で求められます。
| - | 21:24 | - | - |
日報です。
 後援会の第3回常任幹事会を開催、今後の活動日程などを確認決定しました。メイン議題は参議院選挙への対応、ポスター貼付やチラシ配布などの具体的な行動に対する応援体制の確立はもちろん、選挙区情勢などを踏まえ、あらためて現職の大塚耕平氏を全面支援することで意見集約を行うことができました。
| - | 21:55 | - | - |
会期延長はチャンス
 国会の会期延長が、明日の衆議院本会議で可決される見通しとなりました。これに伴い、参議院議員選挙の執行が1週間遅れることとなります。投票会場の確保や地域行事の日程変更、また公営掲示板や選挙告知用のポスター・チラシなどの作り直しなど、今回の会期延長による影響は計り知れないものがあります。
 ただ、もっとも影響が大きいのは投票率、夏休み期間中の投票率の低下は明白であり、年金や介護保険の問題による政治不信に追い打ちをかける結果となることは必至です。与党議員からも不満の声が聞かれているという今回の手法、でも諦めてばかりではいけません。1週間分、有権者に訴える時間が増えたことは事実、今回の会期延長はチャンスでもあります。
 日本を変える参議院選挙、夏の陣はこれからが本番です。
| - | 20:07 | - | - |
日報です。
 6月定例会が昨日開会され、条例案8件、一般案件2件の合計10件の案件が提案されました。会期は7月5日までの17日間。提出議案に対する個人質問と議案外質問は22日〜26日に行われる予定です。
 新人議員の登竜門ともなる6月定例会、今回は新人6人(民主)の方に質問時間を譲ることとし、連続16回行ってきた私の本会議質問は休暇します。まずは新人議員15人からの地域の意見をじっくりと聞きたいと思います。
| - | 22:24 | - | - |
日報です。
 今日は日間賀島泊まりです。
 1192社交ダンスクラブのパーティーに参加するため、夕刻から南知多町にある日間賀島に来ています。日間賀島といえば新鮮な魚介類の料理、特にタコとフグは日間賀島の特産でもあります。今日はタコ一匹を丸ごと茹で上げ、はさみで切って食べるという豪快な料理をいただきました。もちろんダンスもそれなりに楽しみ(?)、久しぶりに至福のひと時を過ごすことができました。
 多くの皆様に育てていただいている1192社交ダンスクラブ、今年で設立から4年目を迎えていますが、超初心者だった皆さんも今では華麗なステップを披露、会場では練習不足の私だけが取り残されているような状況です。今日は何とかワルツとブルースを見よう見まねで踊らさせていただきましたが、次回のダンスパーティーではもう軽やかに少しステップが踏めるように、たまには練習会場をのぞくこととします。
| - | 22:50 | - | - |
純粋な疑問
 今日は午後から市役所で事務処理、主に地域の皆様からの陳情処理を行いました。
 陳情といっても、市政に対する市民からの純粋な疑問ですが、問題のひとつに、名古屋市が事務処理を行う商業統計調査に対して、調査内容が年に1度行われている税務調査と重複しており、無駄な施策になっていないかという指摘がありました。この商業統計調査は、現在は5年に1度、全国のすべての卸売業、小売業を漏れなく調査、商業の国勢調査ともいわれているもので、商業事業所の分布状況や販売状況などを調査し、都道府県や各市町村の商業の実態を明らかにすることが目的とされています。ところが、この調査内容は、年に一度実施される税務調査と調査内容がほとんど重複しており、指摘のとおり膨大な予算と時間が無駄になっている感が否めません。
 担当者は、商業統計調査は国からの委託事業であり、昭和27年以降、昭和51年までは2年ごと、平成9年までは3年ごとに実施し、それ以降は5年ごとに実施されている通産産業省所管の事業だといいます。税務調査との関係については、税務署が把握した徴税に関する情報については、法律により他の目的に提供することができないとされており、個々の事業者情報は保護されることとなっているため調査情報の共有はできないとのこと。ただし、名古屋市としても、各事業者からの指摘として国へ検討するよう申し入れを行っているとのことでした。
 縦割り行政の弊害、ということのようですが、都合のいいときだけ個人情報の保護を打ち出す姿勢には問題があります。税金の正しい使われ方、無駄が無駄を呼ぶ、目に見えてわかるような施策を放置することは許されません。機会あるごとに問題提起していきたいと思います。
| - | 18:05 | - | - |
日報です。
 日程調整が複雑になってきました。会期延長が現実味を帯びてきた国会、今日の選対会議では公示後の活動日程の確認が行われましたが、演説会などの会場確保や動員、役割分担など、すべての日程が1週間遅れになる可能性が出てきました。
 会期延長については今週中に明らかになるとされていますが、このまま選挙日程が延び、夏休み期間中に投開票がずれ込めば間違いなく投票率に影響が出ます。国民にとって大切な法案も数多く残っていますが、だからこそ、中途半端な会期延長では困ります。
| - | 20:05 | - | - |
日報です。
 明日は父の日です。たまたま訪れたデーパートでは予想どおりの混雑度、唯一閑散としていたのはネクタイコーナーだけのようです。
 数年前まで父の日のプレゼントの定番だったネクタイ、売り上げの減少は言うまでもなくクールビズの影響です。高まる環境問題への意識、ネクタイが悪いわけではありませんが、このシーズン、サラリーマンの象徴でもあったネクタイは間違いなく「窓際族」です。
 「窓際族」といえば団塊の世代におけるリストラ用語のひとつ、業務の中心からはずされ、次第に働く意欲が喪失するように仕向ける手法でもあります。民間サラリーマンの団塊の世代は、年功序列・終身雇用を信じて安い給料で猛烈に働いてきました。その人たちにとって、「窓際族」は屈辱的な仕打ちです。
 でも、遅れず、休まず、波風たてずに与えられた仕事さえやっていれば、後は親方日の丸――という職業感もあるようです。年金納付記録の転記ミス、大切な保険料を湯水のように使ったグリーピア、公務員の皆さんすべてをいうわけではありませんが、いまさらパブリックサーバントの自覚でもないでしょう。休日返上はもちろん、失われた納付記録の徹底解明こそが信頼回復の第一歩です。
| - | 20:57 | - | - |
日報です。
 民主党愛知県第15区総支部長でもある「森本かずよし」さんの励ます会が今日、名古屋市内のホテルで開かれ、多くの参加者で盛り上がりました。
 先回の衆議院選挙では惜しくも落選しましたが、その後のパワフルな活動は、民主党県連の中でも評判です。今年2月の知事選挙、4月の統一地方選挙でも精力的に活動を展開しており、着実に地盤固めが進んでいるとのこと。もともと古川元久衆議院議員の秘書であった森本さん、地元を豊橋に移しての活動ですが、名古屋市内の支援者も多く、今日は盛大な励ます会となったようです。今後の活躍をご祈念申し上げます。
| - | 21:06 | - | - |
世界の東京
 アメリカの大手クレジットカード会社が発表した「世界ビジネス都市度ランキング」で、東京はロンドン、ニューヨークに次いで第3位に入っていることが13日の報道で明らかになりました。
 このランキングは、世界の主要64都市を対象に、金融や経済の安定性など約140項目にわたる指標を用いビジネスのしやすさを判定したもので、東京は大学など教育機関の数も多く、特に治安が良いこと。また株の取引数が世界第3位だったことが高ランキングの理由だとしています。
 世界に誇る日本の首都東京、でも一方で、英語が使えないなど言葉の不便さを指摘する外国人ビジネスマンが多いといいます。今日は皮肉にもピンクのウサギで有名な語学スクール最大手の株式会社「NOVA(ノヴァ)」が、特定商取引法違反で一部業務停止命令を受けました。駅前留学などのキャッチフレーズで事業拡大を図ってきたNOVA、停学処分を受けたのはその経営者自身です。受講者の学習意欲を衰退させる経営手法、そこには世界の東京は見えいないようでした。
 参考=「世界ビジネス都市度ランキング」のベスト10は次のとおり、.蹈鵐疋鵝↓▲縫紂璽茵璽、E豕、ぅ轡ゴ、ス畊繊↓Ε轡鵐ポール、Д侫薀鵐フルト、┘僖蝓↓ソウル、ロサンゼルス
| - | 12:22 | - | - |
日報です。
 久しぶりの街頭活動です。
 今日は名鉄瀬戸線小幡駅前で早朝行動、来月に迫った参議院選挙に対するアピール行動です。久しぶりに握るマイクでしたが、年金問題や介護保険制度の課題など訴えることは山ほどあり、時間が経つのも忘れるぐらい集中することができました。
 今年は2月の愛知県知事選挙に始まり4月の統一地方選挙、そして7月の参議院選挙とまさに選挙イヤーです。政治不信を払拭するためにも、野党第一党として責任をもって戦わなければなりません。そういう意味では、民主党の存続をかけた正念場の年でもあります。
| - | 18:36 | - | - |
日報です。
 56歳の死は早すぎます。ひっそりと執り行われた今日の通夜式、後期は病との壮絶な闘いだったといいますが、棺の中の表情はとても安らかな顔をしていました。
 ここ数年、日本人の平均寿命は男女とも過去最高を更新しています。平均寿命を押し上げるにはまず病気にかからないことですが、日本人の病気による主な死因は悪性新生物(ガン)、心疾患、脳血管疾患、肺炎の順、この4大疾患による死因が死亡者全体の7割近くを占めているといいます。もちろん医学も進歩していますが、これらの病を克服するにはまだ時間がかかりそうです。
 明日は告別式、お酒をこよなく愛し勝ち気な方のようでしたが、残念ながら胃ガンには打ち勝つことはできませんでした。心からご冥福をお祈りいたします。
| - | 20:30 | - | - |
日報です。
 ミニ集会を開催、地域の課題などについて意見交換を行いました。
 今日集まっていただいたのは地域の大先輩の皆さん10人、中には私の母親と同年代の方も参加されており、とても有意義な集会となりました。
 参加者からは、今、大きな社会問題となっている年金の納付記録ミスや介護保険の指定事業者による不正問題、また住民税など増税に関する指摘もあり、将来不安の声が多く出されました。
 まもなく始まる参議院選挙、争点は地域の生活に最も密着した年金・介護の問題です。これ以上、政治不信を招かないためにも、具体的な政策で有権者の関心を取り戻さなければなりません。そのためにもまずは政権交代、生活維新を掲げる民主党にご声援を!
| - | 19:12 | - | - |
「あじさい」ばかりですが。







 
 後援会の有志の皆さんと「ビワ狩り」に出かけました。
 ビワ狩りといっても、家内の実家にある数本のビワの木です。毎年恒例の行事でしたが、今回は朝からあいにくの雨。早朝5時半の段階で出発をあきらめようと思いましたが、今朝の新聞に掲載されていた写真を見ておもわず決行することにしました。
 自宅に届く新聞は2社、偶然のうようですが、両社とも1面に掲載した写真は「あじさい」です。蒲郡・形原温泉では「あじさい祭り」が始まっており、東海地方で最大といわれる5万株のあじさいが見ごろを迎えているという記事です。ちょうど今日の予定にも入っていた「あじさいの里」、雨に生える色とりどりの「あじさい」が決断の理由となりました。
 ところが、目的地に近づくにつれ天気が回復、なんと昼過ぎには青空が広がる好天となり、雨ではなく、青空に生える雨上がりの「あじさい」を目に焼き付けることができました。もちろん「ビワ狩り」も堪能、悩ましかった天候による影響も終わってみればすべて「OK」。とても楽しい一日となりました。
| - | 22:40 | - | - |
1192陶芸クラブ




 後援会の自主サークル、1192陶芸クラブの紹介です。
 1192陶芸クラブは、2005年7月に開設、今年で2年目を迎えます。ホームグラウンドではありませんが、地元(守山区上志段味)の「和楽窯」さんの教室をお借りして、毎回10人前後で作品づくりをしています。これまで2回の展覧会を開催、講師の指導を受けながら、それぞれ個性豊かな作品づくりをめざしています。
 私自身、陶芸は高校時代に習いましたが、「菊練り(土の空気を抜く基本的な練り方)」が少しできる程度。でも、焼き方ひとつで色が変わる、形が変わるという陶磁器の世界には今でも興味津々です。
 1192陶芸クラブは毎月第2・第3土曜日の午後2時から。守山区上志段味にある「和楽窯」で開催しています。会費は毎月3,200円、材料費(焼成費別)を含みます。興味のある方はかまくら安男事務所(担当:早川)までお知らせください。
| - | 21:09 | - | - |
区画整理事業完成記念碑
 名古屋市吉根特定土地区画整理事業の「完成記念碑」の除幕式が今日、地元の吉根地区で開催されました。長年にわたり、地元の皆さんを中心に取り組まれてきたまちづくり、志段味地区では4組合の特定土地区画整理事業が進められてきていますが、吉根地区はその先陣を切って事業の完了を迎えたことになります。
 この地区は、名古屋市の北東部守山区の東部に位置し、JR中央線春日井駅から東へ車で 約10分の距離。ガイドウエイバスでは大曽根から18分の距離に位置しています。事業は昭和59年3月にスタート、地区面積213.50haは4組合の中で最大です。事業開始当時は比較的住宅化率が低く、大型商業施設(ジャスコ)の誘致を機に一気にまちづくりが進みました。今年度は新たな学区(小学校区)も誕生、人口も順調に伸びてきています。
 記念碑は事業の完成を記念するとともに、今後、そこに住む人たちのコミュニティー構築を願うシンボルでもあるようです。

 
| - | 20:00 | - | - |
日報です。
 蒸し暑い日が続きます。すでにクールビズが始まっていますが、なかなか上着が離せません。決してスタイルが良いとはいえない私にとって、薄着になることへの抵抗感がまだあるようです。
 でも、今年度は総務環境委員、地球温暖化対策など環境問題が大きなテーマとなります。市民の関心を高めるためにも、颯爽とクールビズで「キメ」めなければなりません。ただ、省エネは服装だけではありません。だらだらと長いだけの会議も「省エネ」の対象です。
 クールビズは環境省が公募した「省エネルック」に変わる夏の軽装の名称で、2005年04月27日に発表されました。ちなみに「ビズ」は、「ビジネス」からきた造語だそうです。
| - | 23:39 | - | - |
日報です。




 手配りサポーターとの意見交換会を今日、近江八幡の水郷めぐりを兼ね、実施しました。
 手配りサポーターの皆さんは現在100人近く、2ヶ月に1回発行している1192通信の発送準備や手配りのお手伝いをしていただいています。選挙後ということもあり車内では活発な意見が続出、有意義な意見交換会となりました。また、現地では上々の天気となり、水面をそよぐさわやかな風と、ゆったりと進む船の流れに、私にとってはじめての手漕ぎ船は、まさに癒し系の初体験となりました。
 議会情報などで問題提起を続ける1192通信、そのサポートをしていただける方を募集しています。皆様からのご一報をお待ちしています。
 

| - | 20:38 | - | - |
年金問題
 対象者の分からない年金記録が5,000万件以上あることが露見して、大きな社会問題になっています。まじめに納付してきた国民を愚弄するような政府の不祥事、年金制度改革を議論する以前の基本的な問題であり、政争の具として済まされるべき問題ではありません。
 参議院選挙を間近に控え、にわかに発覚したような感が否めませんが、年金未納問題などを含め、年金制度の改革議論は久しいものがあります。なぜ今まで分からなかったのか――単純な転記ミスのようですが、5,000万件とはあまりにも大きすぎる話です。社会保険庁の体たらく、これを放置してきた国の責任は重大です。
 もちろん、この年金問題が参議院選挙の争点となることに異論はありません。しかし、この年金不信は間違いなく政治不信を招くこととなり、結果的に投票率が下がれば、民意の反映されない選挙となってしまう可能性もあります。ここは、政府決断でこの問題を深刻に受け止め、そして完全なる救済制度を確立しなければなりません。要するに、参議院選挙を意識した内閣支持率を問題にしている場合ではないということです。
| - | 22:45 | - | - |
命がけの海越え
 脱北者といえば、中国との国境越えのイメージが強いのですが、最近では中国当局の取締りが厳しくなったため、他のルートを使ったケースが目立ってきたともいいます。
 先般、青森県深浦町沖で保護された家族4人、「生活が苦しく、1日おきにパンを食べるのがやっとだった」などと生活苦を理由に、北朝鮮からとりあえず日本の新潟県をめざし小型船で脱出してきたと供述しています。
 家族4人、命がけの海越えです。人道的な配慮から、希望どおり韓国への亡命が実現しそうですが、一方で、今後、直接日本へ亡命してくるケースも増えてくる可能性も考えなければなりません。その時、日本政府はどのように判断するのか。どのような人道的判断ができるのか、対北朝鮮対策の中で、大きな課題をもたらした「命がけの海越え」でもあります。
| - | 22:42 | - | - |
バランスよく「一丸」


 民主党愛知県連第8回定期総会が今日、市内のホテルで開かれ、先に行われた愛知県知事選挙、統一地方選挙の総括など党務報告を承認した後、7月の参議院選挙へ向けた具体的な選挙体制などを盛り込んだ2007年度活動方針が提案され、満場一致で決定されました。
 会場には参議院候補予定者である大塚耕平氏も出席、「二大政党制をめざす上でもこの愛知決戦を勝ち取らなければならない。すでに公示まで1ヶ月を切っており必勝に向け全力を尽くす」と決意を語りました。激戦となっている愛知選挙区は定数3、民主党は現職の大塚耕平氏ともに新人の谷岡邦子氏の二人を擁立し、政権交代への試金石と位置づけています。
 組織割り、票割りという手法は、私自身あまり好ましくないと思っていますが、両候補とも今までの政策や政治に対する思いを聞く限り、今の民主党にとっては必要な人物です。ここは選挙区情勢をしっかりと見極め、民主党支持者に対し、県連として細かな指示、配慮がなければ2名当選は厳しいものがあります。
 「一丸」となって戦う選挙戦ですが、一方に偏らず、バランスよく「一丸」となることができるかが、民主党愛知県連としての勝敗の分かれ目となるでしょう。
| - | 15:53 | - | - |
ダリ展




 今日は一人寂しく展覧会まわりです。
 まずは、名古屋市立美術館で開催されている「ダリ展」、7月11日まで開催されていますが、今日は土曜ということもありチケット売り場に列ができていました。ダリといえば、溶けた時計や日常あり得ない世界を描いた絵を思い出しますが、学生時代、この独自の発想と技法に大きな感銘を受けた記憶があります。
 その学生時代の先輩たちが立ち上げた「OB展」が、中区の名古屋市民ギャラリーで開かれていました。高校と短大の5年間、グラフィックデザインを専攻してきましたが、今日は高校時代の先輩たちの力作です。ダリ展と比べるつもりはありませんが、また違った雰囲気の中で、気楽に鑑賞することができました。
 久しぶりの展覧会、学生当時の夢は個展を開くことでしたが・・・それを思うと、なんとなく身体全体がムズムズしてきました。
 
| - | 18:31 | - | - |
食の安全とドラゴンズの優勝
 名古屋市食品衛生協会守山支部の通常総会が今日、区役所講堂で開かれ、食の安全に日ごろから努力されている優良施設、優良従業員の方々の表彰が行われました。
 この総会で毎年楽しみにしているのは、演壇横に飾られる巨大な置物、その時々の話題性のある造形物を会員の一人である和菓子屋さん作るのですが、材料はすべて「おかし」でできています。今年は中日ドラゴンズの連覇を祈念し昇竜が2体、写真を取り損ねてしまいましたが、高さ1メートルあまりの立派な作品ができあがっていました。
 首位争いを繰り返しているドラゴンズ、ペナントレースでの戦いは決してお菓子のように「あまく」はありませんが、元気なナゴヤを象徴するドラゴンズの優勝に期待がかかるのは私だけではありません。
 さて、今日の総会の課題でもある「食の安全」。とかく、人件費や設備投資など経費を下げれば、安全度も下がるといわれています。プロ野球選手のトレードではありませんが、相反する性質を持つ両者のバランスをとることが大切です。逆に言えば安全を高めるには経費がかかることになります。景気動向の影響が大きいとされている飲食産業、元気なナゴヤを象徴するドラゴンズの優勝は、確固たる食の安全を維持していく上でも必要のようです。
| - | 17:12 | - | - |