CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< March 2008 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
日報です。
 今日は年度末、揮発油税など道路特定財源の暫定税率の期限が切れ、明日からガソリン価格が引き下げられます。消費者には大歓迎ですが、地域のガソリンスタンでは早くも値下げ競争が展開され、顧客の争奪戦が始まっています。また、ほとんどの地方行政では道路関連予算が凍結されるなど混乱が予想されています。
 当たり前のように続けられてきた暫定税率、新しい制度への移行にはそれなりの混乱は避けてとおれないでしょう。ただ、一時的な値下げでは更なる混乱を招くことは必至、それこそ「暫定値下げ」にならないよう、生活者の立場で計画的な議論に移行していく必要があります。
| - | 19:32 | - | - |
日報です。
 地域で開催された住民集会に参加させていただきました。この集会は自治会役員の引き継ぎ会も兼ねており、早朝から約70人の町内の皆さんが参加、町内独自の課題やまちづくり全体の問題点など幅広い意見が多く出され、とても有意義な集会となりました。
 
| - | 21:12 | - | - |
日報です。
 民主党2区総支部総会が今日、東区のウイル愛知で開かれ、1年間の活動報告および新年度の活動方針などが承認されました。総会では、新年度の役員改選も行われ、私は引き続き2区総支部副幹事長を引き受けることとなりました。
 また、総会終了後、マイケル・ムーア監督の医療のあり方を考える映画「シッコ」の上映会もあり、多くの民主党支持者が集いました。
| - | 18:27 | - | - |
他都市調査

さいたま市立中央図書館が入っているビル(公共施設コムナーレ)




ICタグなどを利用した自動返却装置

 社会教育費のうち5割以上を占めるさいたま市の図書館費(平成19年度で約44億5600万円)、昨年11月に開館した「さいたま市立中央図書館」は、最新のコンピュータシステムにより市内22ヶ所の図書館を結ぶネットワーク化が図られており、インターネットによる自宅のパソコンや携帯電話からも予約が可能となるなど市民の利用率向上が図られています。特に、全館を回る「連絡便」を民間委託により実現させ、日頃利用する図書館で市内すべての図書館の本が迅速に取り寄せられると同時に、どの図書館にも返却が可能となるなど、さいたま市の図書館整備の現状は政令市の中でも高水準との印象を受けました。
 読書は、未来を担う子どもたちにとって「学ぶ」ということの基本でもあります。より良い本をより多く――まちづくりを進める上で、読書環境の整備は必要不可欠です。
| - | 22:34 | - | - |
他都市調査

8人のオペレーターが常駐する部屋



 今日から二日間、市議団の企画した他都市調査に参加しています。今回は埼玉県さいたま市における税収納税などについて調査、特に昨年秋から実施している「納税催告センター」の運営状況など概要についてレクチャーを受けました。
 さいたま市は、平成13年5月に浦和市、大宮市、与野市が合併して、埼玉県初の百万都市として誕生。平成15年に全国で13番目の政令指定都市に移行しています。現在の人口は約120万人、市内には新幹線や在来線、私鉄などの鉄道網が整備されており、中でも大宮駅は新幹線をはじめとする鉄道線が集まる結節点であり、東日本の玄関口としての役割を果たしています。
 今回の調査は「納税催告センター」について、約4万6千人程度と見られる税金未納者を対象に、オペレーターが直接電話で督促するもので、昨年10月に市役所本庁舎に設置されました。運営は民間の債券回収会社に委託、市県民税や固定資産税などの10万円未満の小額未納者を対象に早期納税を促しています。
 委託費は約2000万円、今年3月までに約1億円の収入増となっているそうで担当者の自信たっぷりの説明が印象的でした。今後は下水道使用料や保育料など滞納案件の一元的処理をめざし、特に債権回収の専門組織を設置して高額困難事案の滞納整理を集中して行うことで、滞納額の圧縮を図るとしています。ただ、税務関係の職員を名乗る振り込め詐欺の被害もあるなど、新たな課題も出てきているといいます。
 明日は、昨年秋に開館した「さいたま市立中央図書館(図書館等複合施設内)」の視察、その概要や特色、開館へ向けた取り組みや利用状況、今後の課題などについて調査します。
| - | 22:43 | - | - |
日報です。

地域から大勢の関係者が参加


壁に組み込まれた迷路のような遊具

 地域で開催された新しい保育園の完成式、この地域は特定土地区画整理事業によるまちづくりが進められており、ここ数年で人口も急増、関係者からは待望の完成式となりました。
 
| - | 14:29 | - | - |
春本番ですが




 春本番です。久しぶりに歩く「マイ散策コース」の桜の木も、一気に芽吹いてきました。
 さて、来週からは新しい年度が始まります。社会全体も「春モード」に突入しますが、少し気がかりなのはガソリン国会。ガソリン税等の暫定税率廃止をめぐる議論が進んでいないことから、暫定税率の期限切れが濃厚となってきています。このまま進めば、4月から小売価格が一時的に値下がりする可能性が大きく消費者の期待も高まっています。もちろん歓迎するのは消費者ですが、一方で、すでに課税されているストック分の値下げを肩代わりせざるを得ない販売店や、買い控えの反動から一気に商品がなくなる可能性も出てくるなど、4月からの市場の混乱は避けられそうにありません。
 大切なのは税金の正しい使われ方、「25円議論」だけに走るのではなく、将来を見据えた「ガソリン議論」を冷静に見守ることも大切です。
 
| - | 21:42 | - | - |
異常
 23日昼前、茨城県土浦市のJR常磐線荒川沖駅とショッピングセンターを結ぶコンコースで、男女8人が次々と刃物で刺され、一人が死亡するという痛ましい事件が発生しました。 
 まだ犯行動機など詳細はハッキリしませんが、無差別に次々と人を刺していく様子はまさに猟奇的で異常です。ただ、一見突発的な事件なようですが、この容疑者はすでに殺人を犯しており指名手配中とのこと。多くの警察官が警戒する中で起きた今回の事件、警察の対応もまた異常です。
 

| - | 20:47 | - | - |
日報です。


 24年間にわたり事業を進めてきた特定土地区画整理組合の解散式が今日、市内のホテルで開催され、名古屋市から感謝状が贈られました。
 今日解散したのは志段味地区で進められている4つの特定土地区画整理事業のひとつ、設立は昭和59年、施行地区面積は約2,136,169屐8妻睥36.371%で約295,678.47屬諒殞叡呂鮴鞍してきました。人口は当時の1,400人から19,000人に増え、昨年の4月には新しい学区、小学校が誕生、まちづくりのハード面は完了しました。
 ただ、事業は完了するものの本当のまちづくりはこれからです。そこに住む人たちの交流、連携ををどのように構築していくのか。この地域独自の、地域力を育てることが今後の目標です。
| - | 16:32 | - | - |
選抜高校野球大会
 春の選抜高校野球大会が始まりました。1924年に始まった大会は、戦争で中断した時期もありましたが今年で80回を迎えるといいます。人気の秘密は球児の純粋さ、真剣勝負の一投一打に大人社会の偽りはありません。
| - | 20:29 | - | - |
日報です。
 約6年ぶり、今日は前の職場でともに闘った仲間、労働組合の役員として大変お世話になった方々4人との再会です。待ち合わせ場所となった東京都内は少し寒いくらいの天候でしたが、その寒さを制したのは、久しぶりの労働運動論、ついつい熱くなってしまい、大いに盛り上がりました。
 時代は変わっても労働運動への思いは変わりません。私鉄の仲間として悩みは同じ、一喜一憂しながら職場組合員の目線で闘いを継続していくことで、参加者全員で意思統一を行うことができました。
 
| - | 22:56 | - | - |
日報です。


 地元、特定土地区画整理組合の総代会が今日開かれ、来年度予算案などが承認されました。
 組合の予算は、都市計画道路など国・県・市からの補助金もありますが、大半は金融機関からの借入金と保留地の処分金、もともとは組合員(地権者)の減歩から運用されいてきた大切なお金の配分を決めるということで、規模は異なりますが、昨日閉会した市議会の予算審議と同様、慎重な議論が展開されていました。
 
| - | 20:17 | - | - |
日報です。
 約1ヶ月におよんだ市議会の2月定例会が今日、閉会しました。
 昨年秋に発覚した名古屋市の裏金問題や、議員の政務調査費の全面公開に向けた議論など市民の関心が高まった定例会、最終的には「広小路ルネサンス構想」の交通社会実験費など調査費を減額した修正案が与党4会派などの賛成多数で可決するなど、名古屋市の平成20年度一般会計当初予算は異例の減額修正により成立しました。なお、修正後の一般会計当初予算は9837億400万円。
 
| - | 17:01 | - | - |
広小路ルネサンス構想凍結
 市議会都市消防委員会は今日、審議課題であった「広小路ルネサンス構想」の調査費に対する修正案を、共産党を除く4会派による賛成多数で採決しました。明日の本会議で予算案に対する修正案が可決され、事実上「ルネサンス構想」は凍結します。
 実現ありきの調査費、広小路ルネサンスに限らず、ここ数年、数々の大型事業の調査費が何の議論もないまま予算案に盛り込まれてきました。そもそも調査の目的は、それらの事業が本当に市民にとって必要なものなのか、将来の費用対効果なども含め、数値的に判断するためのデータをはじき出すのが目的のはずですが、今までは事業実現に向かっての「アリバイ」づくりの一歩としての「調査」の感が否めませんでした。
 今回の議論に対して、一部のマスコミから「政争の具」という指摘がありましたが、決して会派間の力関係から出た議論ではなく、議会として、行政提案に対するチェック、市民の立場に立って「是々非々」の対応との判断から議論してきた結果です。今回の修正案可決は、すべて主導で進めようとする行政サイドに、あらためて一石を投じた形となりました。
| - | 19:05 | - | - |
日報です。
 車線を減らし歩道を広げるという名古屋市の広小路ルネサンス構想について、今日開かれた民主党市議団は構想に向けた社会実験費を盛り込んだ新年度予算案を減額修正させる方向で、明日の所管委員会での意思決定に臨むこととしました。
 予算審議の減額修正は極めて異例で、裏金問題などの議論とともに、来年4月に3期目が満了となる松原市長の進退に大きな影響を及ぼすことは必至です。
| - | 22:31 | - | - |
日報です。

優勝=PHANTOM


準優勝=UB


三位=BGS

 1192杯バレーボール大会は今日、優勝トーナメントを開催し、昨年に続き「PHANTOM(ファントム)」が23チームの頂点を極めました。また、準優勝は「UB」、三位は「BGS」という結果となり、三日間にわたる熱戦が終了しました。その他の結果は、下記の「守山区混合バレーボール協会」HPをご覧ください。
http://www.geocities.jp/morikongo/
 
| - | 21:06 | - | - |
日報です。
 久しぶりのマイカーによる長距離移動、往復とも自動車専用道路(東名阪が主)を利用したのですが、週末ということもあり、早朝から行楽地へ向かうマイカーで大渋滞、最初は事故によるものかと思われましたが、自然渋滞ということで、あらためてマイカーの多さを実感することとなりました。
 でも、専用道の必要性を実感したのも事実、名古屋から三重県久居市まで通常ではたったの約1時間30分しかかかりません。便利だから利用者が多いということになりますが、ただ、道路づくりに関していえば、これ以上便利にする必要性があるのかという疑問にたどり着くのも事実です。
| - | 21:44 | - | - |
安全な市バス


 地域住民の足を守る市バス事業、今日はそこで働く乗務員で構成する労働組合の「支部定期大会」に来賓として参加しました。
 大会では、1年間の活動報告と今後の運動方針が審議され、その中で、労働組合をとりまく厳しい環境をあらためて共有させていただきました。特に、現在進められている「交通局経営改革計画」による労働条件の低下は、日夜安全運転に励む職場組合員の労働意欲を削ぐことにつながり、最終的には市民サービスの低下を招くおそれがあることなど、冒頭の支部長挨拶には実感が込められていました。
 いずれにしても、地域住民の足を守る公共交通として、赤字経営の解消には努めなければならないものの、いきすぎた独立採算制の考えには問題があります。公費負担ルールの重要性とともに、労働組合も市民の目線で活動していかなければなりません。市民も、自らが乗って育てる市バスとして、マイカーから公共交通への転換を図らなければ「安全な市バス」は存続できないことを認識する必要があります。
| - | 22:13 | - | - |
日報です。
 今頃になって申しわけございませんが、当HPの「アクセス」ページに掲載してあるE-Mailアドレスを使うと、メッセージが未送信となることが読者の指摘で判明しました。長年にわたりご迷惑をおかけしましたことを、お詫び申し上げます。
 なお、回復までしばらく時間がかかりますが、表示されているメールアドレスそのものは正く、また、別ページの「ご意見箱」からは送信可能です。今後とも、ご指導、ご意見を賜りますようお願い申し上げます。
 
| - | 22:58 | - | - |
2月定例会の論点
 2月定例会の審議が大詰めを迎えています。現在、府議案件を各常任委員会で審議していますが、来週の18日(火)には予算案に対する各会派の意志を決定しなければなりません。そこで再度予算審議のポイントを整理してみました。
 2月定例会(予算審議)の論点
1.昨年秋に発覚した名古屋市の裏金問題について→市長をはじめ副市長らの責任と裏金の返還問題および区役所改革など具体的な再発防止策に対する議論
2.議員の政務調査費条例改正案について→全面公開へ向けた議論
3.新年度予算に盛り込まれている新規事業(大型プロジェクト)について→特に広小路ルネサンス構想の調査費が焦点に
<予算案における新規事業の概要>
〔掌轍鮎詼楷欷翕造良元
●主な内容→ものづくりの技、文化、自然の大切さ」を後世に伝える象徴として、本丸御殿の復元を進めるもので、本丸御殿の歴史的意義を踏まえ、焼失前と同様の文化的価値を有し、かつ市民の財産として活用できるように復元するもの
●総事業費→約150億円(うち、50億円を寄附で賄う予定)
●新年度予算案(千円)→復元工事(77,000)、関連予算として、復元推進イベント(96,605)、基金の積立(1,000,000)、障壁画復元模写等(90,838)

▲オリティライフ21城北
●主な内容→市民の生活の質を高め、健康の総合的な保持増進を図るため、保健・医療・福祉サービスの一体的な提供を行う総合的エリアとして整備するもの
●総事業費→約450億円(粒子線治療施設を除く)
●新年度予算案(千円)→陽子線がん治療施設の整備(15,000 債務負担行為・27,000,000)、西部医療センター中央病院の整備(1,674,750)

E貉各或∧園再生
●主な内容→これからの動・植物園は、「人と自然をつなぐ場」としての機能を発揮していく必要がある。また、本市は環境首都なごやを目指すとともに、人・物・情報・資本が国内外から大交流するまちを目指していることから、東山動植物園を、環境と大交流の融合する舞台として、再生するもの
●総事業費→約400億円〜500億円程度(他都市の事例などを参考に算出)
●新年度予算案(千円)→再生プランの推進(1,980,000)

ぅ皀里鼎り文化交流拠点
●主な内容→モノづくりの地として繁栄してきたこの地域の「モノづくり文化や技術」の継承と発展を図り、次代を担う子供達の未来や産業・港の活性化等に貢献することを目的とするもの
●総事業費→約200億円(想定)、(市負担100億円)、事業主体は、本市、国、関連団体、企業等を想定
●新年度予算案(千円)→基本計画策定調査(20,000)

ス小路ルネサンス構想
●主な内容→名古屋駅地区と栄地区をつなぐ広小路通について、「人と環境にやさしい都心づくり」や「都心のさらなる魅力向上」を図ることにより、「歩く人が主役のまちづくり」を進め、新しい時代にふさわしい都心のまちづくりを先導しようとするもの
●総事業費→約16億円
●新年度予算案(千円)→交通社会実験の実施(93,000)、交通量調査(36,000)、まちづくりの推進(16,000)
――となっています。皆様からのご意見をお持ちしています。








| - | 19:35 | - | - |
民主党の春は
 4月下旬を思わせる陽気となった今日、久しぶりに「マイ散策コース」を歩きました。行きかう人も厚手のジャージからシャツ一枚の軽装です。もちろん見慣れた雑木林も、なんとなく「春めく」感じが伝わってきます。
 まもなく新年度、地方議会でも予算審議たけなわですが、道路特定財源をめぐる国会での議論が地方と一体となっておらず、地方との議論不足が露呈した感が否めません。自然界の春は着実に近づいてきています。主軸とならねばならない民主党、その春はまだまだ先のようです。
| - | 19:53 | - | - |
日報です。
 今日開催された総務環境委員会は、総務局関係で付議された案件に対する質疑が行われ、あわせて今後の質疑に必要となる資料要求が行われました。
 資料要求は最終的に16項目、そのうち9件が「裏金問題」に関するものです。この「裏金問題」については、松原市長を本部長とする「信頼回復に関する推進本部」が設立されており、その取り組み方針案が本日中に策定されることから、その内容に基づき、12日に開く同委員会で集中的に審議することとなりました。
 今日も多くのマスコミ関係者が傍聴しており、市民の「裏金問題」に関する関心度の高いことが伺われます。明日は環境局関係の質疑が行われます。
| - | 20:24 | - | - |
1192杯バレーボール大会予選結果
 第5回1192杯バレーボール大会の予選リーグ結果が、下記の守山区混合ハ゛レーボール協会のHPに掲載されています。また、決勝リーグの日程も確認できます。
http://www.geocities.jp/morikongo/
| - | 23:15 | - | - |
1192杯バレーボール大会





余興で行われた公職者チームの試合、右から森井県議、一人おいて大塚参議院議員秘書(青シャツ)、古川代議士、鎌倉本人



 恒例の「1192杯バレーボール大会」が始まりました。場所は志段味スポーツランド体育館、明日と来週日曜日の三日間で熱戦が繰り広げられます。今年は32チーム、総勢320人が参加する大会となりました。最初から優勝をめざす強豪チームもあるようですが、まずはバレーボールを楽しんでいただきたいと思います。皆さんの好プレーを期待しています。
| - | 20:13 | - | - |
日報です。
 名古屋市の裏金問題や広小路ルネサンス構想が論点となっている市議会本会議、今日行われた個人質問でも指摘が相次ぎました。
 行政独特の使い切り予算が、裏金など職員の公金に対する意識低下を招いたといっても過言ではありません。この構図を変えない限り、職員の意識改革にはつながりません。もちろん職員の責任や返金など具体的な対策も必要ですが、区役所改革など抜本的な再発防止策を議論する必要があります。
 来週から始まる委員会審議は、こういった具体策について議論が展開されます。本会議同様、委員会も傍聴が可能です。多くの皆様のご来庁をお待ちしています。
| - | 20:34 | - | - |
日報です。
 母校である地元中学校の卒業式に出席、卒業証書授与で、ひとり一人に声をかける校長先生の笑顔がとても印象的でした。
 最近、選挙権や成人の年齢を18歳に引き下げるという憲法改正の動きがでています。投票から酒やたばこ、運転免許まで幅広く議論されていますが、早く大人になれという一方で、大人になるために必要な義務教育のあり方を検討する必要があります。
 イギリスでは、イングランドでの義務教育修了年齢を現行の16歳から18歳に段階的に引き上げる方針を明らかにしています。教育内容は若者の希望に合わせ、就学を希望する場合、中等学校で引き続き必要なカリキュラムを学び、就労する若者に対しては、職業訓練などを行うといいます。
 15歳で義務教育が終了する日本、ニート対策など義務教育延長議論は必要です。
| - | 20:03 | - | - |
日報です。
 審議拒否――今日の参院予算委員会は民主、社民など野党が欠席したため定足数に満たず、流会となりました。与党が採決を強行し、野党が審議拒否で応じるといった手法ですが、でも不思議なのは参議院は与野党が逆転したはずではなかったのか。我が民主党といえども、なかなか理解しがたい構図ですが、最前線で戦う党中央の判断を信じるしかありません。
| - | 23:08 | - | - |
1192通信3月号(1面記事です)
名古屋市の新年度予算審議入り
大型プロジェクトの精査が必要
 名古屋市の2月定例会は3月4日、本会議を再開し、各会派からの代表質問を皮切りに、新年度予算案の実質的な審議に入りました。
 平成20年度一般会計当初予算は、歳入が対前年度比48億円増の約9,838億円、新規事業も含めた予算規模は7年ぶりの増額予算となりました。これは過去最高となる市税収入が伸びたことによるもので、個人、法人市民税などの総額は前年度比2.4%増の5,289億円となっています。また、特別会計は約1兆1,720億円、公営企業会計約4,949億円をあわせると約2兆6,507億円もの予算審議が、今月19日まで続けられます。
 論点は、名古屋のまちづくりが始まって400年となる2010年に向け、名古屋城本丸御殿の復元(150億円)や東山動植物園の再生プラン(400億円)、モノづくり文化交流拠点構想(200億円)など松原市長が掲げる大型プロジェクトの推進費や調査費が着実に盛り込まれていること。特に、広小路ルネッサンス構想(16億円)については、総事業費の1割近い調査費について議論が集中しており、最大の論点となりそうです。※( )内は見込額
 かまくら安男は「昨年秋に発覚した市の裏金問題や、議員の政務調査費の全面公開に向けた議論に市民の関心が高まっている。あらためて税金の正しい使われ方が問われている中、数々の大型事業の推進費が見直し議論のないまま予算に盛り込まれているのは到底理解できない」と指摘。その上で「来年4月に任期満了を迎える松原市長の進退も含め、特に2010年をめざしたプロジェクトの精査が必要だ。誰がこれらのプロジェクトの責任をとるのか、市民の目線で見極めたい」と話しています。

<予算案から>
○子ども医療費の助成拡大
8月から入院は中学校3年生まで、通院は小学校6年生まで拡大
○レジ袋有料化実施区の拡大
緑(現在実施中)、守山、名東、千種、昭和、瑞穂、天白、南の8区に拡大。10月から実施
| - | 23:56 | - | - |
1192通信3月号作成中
※クリックすると拡大できます。

 「1192通信」3月号を作成しています。今夜から明日未明にかけてがピーク、今は割り付け担当のYIさんからの原稿待ち状態。とりあえず3月号に掲載予定の4コマ漫画をUPします。
| - | 23:36 | - | - |
民主党愛知県連定期大会


 民主党愛知県連の第9回定期大会が今日、名古屋市内のホテルで開催され、2008年度活動方針や次期衆議院選挙方針などが承認されました。
 新たに代表となった伴野豊衆議院議員は、「参議院選挙での勢いを、チーム愛知として次期衆議院選挙へつなぎたい」と決意を述べ、参加者全員の意思統一を行いました。
| - | 17:23 | - | - |
日報です。
 来週に迫った「1192杯バレーボール大会」の審判団会議が今日、小幡事務所で開催され、混合バレーボールの判定基準の再確認など大会運営全体につ議論が行われました。
 レクバレーのルールは、必ず4回でボールを相手コートに返さなければなならず、最低4人がボールに触って相手コートに返します。また、ネットにボールがふれた時以外、1人で二度ボールに触る事はできません。要するに、.譽掘璽屐↓▲僖后↓トス、ぅ僖好▲織奪(スパイクではありません)で、相手陣営に返します。
 問題はパスアタック、レクバレーのルールのポイントは、アタック、ブロックができないこと。必ずパスアタックで返球しなければならず、このパスアタックが審判の判定で最も難しいとされています。要するに、手首がかえるかどうかでアタックと見なされるからです。
 いずれにしても、審判のジャッジには瞬時の判断力が必要で、一度下した判定を翻さないためにも、常に集中力を保つ必要があるとのこと。大会運営で最も重要なポジションである審判、今日の白熱した議論の中で再認識しました。
 来週8日から三日間、1192杯は志段味スポーツランドの球技場で開催されます。興味のある方は是非とも応援に来てください。お待ちしています。

 
| - | 19:32 | - | - |